NifMo(ニフモ)とドコモ光への乗り換え後の通信費節約効果は?

私は39歳のパート主婦です。

大学生のころから大手携帯電話会社のau一筋で来たので変更という概念もありませんでした。ところがスマートフォンにしてから月々の料金が上がってしまい、コミコミプランで約8,000円もかかるようになってしまいました。

更に自宅ではNTT光をプロバイダー「ぷらら」で使っていて、賃貸マンションだったので月々4,200円程度でした。

ちなみに同居家族は夫のみで、夫はdocomoのスマートフォンを利用していて、月々約6,500円程度でした。

NifMo(ニフモ)&ドコモ光に乗り換え

スマートフォン代金がもう少しどうにかならないかと思い、長年使ってきたauから格安フォンのNifMo(ニフモ)に変更し、自宅のネットは夫のスマートフォンの割引を考えてドコモ光に切り替えました。

金額もかなり低く抑えられるようになりました。

私のNifMoは毎月ネット上限が3GBですが月々1,500円程度です。

このプランは通話料は別途必要になりますが、今はSNSでチャットを多くの人がやっているのであまり通話はしません。

通話料コミコミプランもありますが特に必要とは感じていません。また、アプリダウンロードやサイト登録などでポイントがたまり、それを料金割引に充てるサービスがあるので利用しています。

今まで何回か、ポイントのほうが月々料金より多くて支払いが0円という月もありました。

自宅のネットのドコモ光ですが、月々料金は以前のNTT光と変わらず4,200円程度ですので、ここではあまり得はありませんが、夫のdocomoのスマートフォンが割引になります。

月々4,500円程度にまで安くなるので、トータルで見ると私と夫のスマホ代が安く済ませることができています。

通信費節約分を他のことにまわすことができた

通信費を抑えることができ、その分ほかのことに使えるので結果としては大正解と思っています。

特に私のスマートフォン代は6,000円から7,000円程度ダウンできているので、携帯電話を遠慮なく使っても不安がありません。

また、NifMo(ニフモ)は通信速度もauの時と変わらないので不便もありません。繁華街で使っても通じますし、音楽を聴いたり動画も問題ありません。

自宅のネットに関しては申し込み時にスマートフォンの割引を受けたい人の名前で契約しなくてはいけません。

たまたま夫だったので面倒はないですが、リンクさせないと割引にならないので、申込時によく確認や申請を間違えないようにしなくてはいけません。

また、人気で申し込む人が多いのか、開通工事が予約がいっぱいで少し先まで待ちました。その点は時間と手間がかかってしまいました。

通信費を見直ししたきっかけは、私と夫は携帯電話会社を同じところを長年使ってきていたのに、長期利用者向けの優遇がなくなってしまい金額がアップしてしまったことからです。

まとめ

今まで当たり前に使っていたauのスマホを変えるのはためらいましたが、今は良い格安スマホやMVMOサービスがどんどん出てきています。

通信費の節約効果はかなり大きいので、固定費の節約をしたいと考えている方はぜひ、格安スマホへの乗り換えやネット回線の乗り換えなどを検討されてみてください。