中3受験生でスマホ。一人だけコソコソしている娘が不憫で・・・・

みやた
こちらでは通信費の節約に成功した方の体験談をご紹介しています!
アンケート回答者様
私の子供は高校2年生の16歳の娘で、私は49歳、男性で、妻と3人家族です。

娘にスマホを持たせたのは、中学3年生の春でした。中学3年生と言えば受験の年です。まさか受験の年にスマホを持たせるとは思っていませんでした。

スマホを持っていないことを知られたくなくて・・・

元々、我が家にはデスクトップパソコンもタブレットもあり、ネットや動画検索をする分には十分な環境でした。習い事をやっていた事もあり、習い事が終わって、連絡が取れる様にと、ガラケーを持たせていました。

娘が小学生時代は、むしろ、ネット環境に関しては、何不自由ない状況でした。

中学1年生までは問題なかったのですが、中学2年生の後半あたりから、娘が必要以上に、家でタブレットを触る時間が増えていました。

その時は、娘もいろんな音楽や芸能人に興味を持って来たから、何か自分の好みのものをネット検索しているのかなとばかり思っていました。

しかし、娘が中学3年生になるかならないかの時です。友達同士で隣町に電車で遊びに行くと言う事だったので、駅までならと娘と娘の友達3人を車で送ってあげる事にしました。

娘は助手席に乗り、友達3人は後部座席に乗っていました。私はバックミラーで娘の友達をふと見てみると、その友達3人共、何とスマホをいじっていたのです。ふと助手席の娘を見ると、隠しながら、ガラケーをいじっていました。

その日の夜、娘に話しを聞いて見ると、友達はスマホを持っていて、LINEをやっていると・・・、だけど、スマホを持っていない娘は、タブレットでLINEをやっていると、ガラケーしかないと言う状況を知られたくないから、ごまかしていたと言う事でした。

私は愕然としたと同時に、何か娘が可哀そうになってしまいました。

スマホでのコミュニケーションが当たり前の時代

でも、こういう時代なんだなと、時代の進化を目の当たりにした瞬間でした。
決して、過保護からスマホを持たせようと思ったわけではなく、こういう小さな一因から、仲間外れにされていく時代なのだと思った時、スマホは高校生になってからと言う娘との約束を妻と相談し、1年前倒しで持たせる決意をしました。

ただ、そこは受験生です。試験勉強期間や勉強中は、私か妻が預かると言う約束。

その約束を破ったら、直ちに没収と言うルールを作り、私や妻と一緒のメーカーでもあるソフトバンクでiPhoneの契約をしました。

その時の娘の満面の笑顔は、小学生の時にクリスマスのプレゼントを見た時と同じ表情をしていました。月々7,500円と学割もないので、我々と同じ料金ですが、キャリアのメーカーなので、やや高価なのもいたしかたないと思っています。

友達との情報共有の形は、今はスマホなのだなと感じたと同時に、持たせた瞬間から、スマホ依存のきっかけが始まっているので、そのデメリットをルール化する事で、ただの道具と言う認識になって行けば、それこそが持たせたメリットになるのかなと思っています。