DMMモバイル&BIBIQ光に乗り換えて毎月1万7,000円の節約!

みやた
こちらでは通信費の節約に成功した方の体験談をご紹介しています!
アンケート回答者様
私は、現在33歳の主婦です。家族構成は主人と小学生の娘が一人の3人家族です。

7年ほど前に一戸建てを購入し、いろいろと家計の見直しをしていく中で、通信費の大きさに悩まされていました。

月額2万6,000円の通信費!

当時は、夫婦でNTTドコモを使っており、スマートフォンだったので、毎月のデータ量の料金も高いし、家でのインターネットはNTT西日本の『フレッツ光』を利用していました。

見直し前の通信費は、ケータイ代が夫婦で2万円ほどで、インターネット回線は割引期間が終わって月に6,000円ほど払っていましたので、合計で2万6,000円ほど月々払っていました。

その後、光回線の『フレッツ光』が高すぎるということで、UQ-WiMAXのポケットWi-Fiを利用することになり、月のネット回線代は3,000円台になりました。ただ、住んでいる地域がWiMAXが電波があまり強くなく、不安定だったので、現在はQTネットの『BIBIQ光』を利用しています。

現在はケータイも見直し、NTTドコモから「DMMmobile」に変更しました。それにより、私のケータイの月額利用料は通話料を入れても2,000円ほどで、主人が3,000円ほどになりました。

『BIBIQ光』の月額利用料が4,500円ほどなので、我が家の通信費は合計で9,500円ほどまで節約することができました。

以前と比べると1万7,000円の節約になり、本当に見直ししてよかったです。

固定費の見直しは通信費の節約から

家を購入して、賃貸と比べて固定費がいろいろとかさむようになり、行った通信費の見直しでしたが、予想していたよりもずっと大きな節約になりました。

ただ、DMMmobileの格安SIMは自分で申し込みをし、送られてきたSIMカードを手持ちのスマートフォンに差し込み、自分で設定しなければなりません。

機械の設定や操作が苦手な方は難しいかもしれませんが、サポートも充実しているようですので、問い合わせれば大丈夫だと思います。

まとめ

NTTドコモを解約してからDMMmobileのSIMカードが届くまでに1日ほどかかったので、1日ケータイが使えない日ができてしまいましたので、注意が必要だとおもいます。

それ以外は特に問題はなく、NTTドコモと同じ通信帯を利用しているそうなので通話品質もいいですし、インターネットもサクサク利用できますし、毎月1万7,000円も節約になったので、見直しをして本当によかったです。